忍者ブログ

やさぐれ漫画描き、広枝出海のブログです。 創作同人情報、美術展やら映画感想など 獺祭状態でつらつら書きたいな~、と。 カワウソは取った魚を祭るように陳列するそうですが、散らかしているだけとは言ってはいけないお約束(^_^;)          無断転載はどうぞご遠慮下さいませ<(_ _)>

   
啓蟄過ぎて春ですね。ってことで、

食べられる虫ハンドブック』
(内山昭一監修、21世紀の食調査班編、自由国民社  2013年12月15日初版)
を読んでみました( ´ω`)


20世紀から囁かれる食糧問題。
「このままニンゲン増えると食べるものなくなっちゃうよね。けど虫がいるよ♪虫って生産効率的にも栄養的にもオススメなんだよ♪何食べてく?虫でしょ!」っていう食糧問題最終解決法、昆虫食。それをかなり現実的、かつ大真面目に紹介してる本です。
実用本です。
白状すると、結構このテの本は好きでして…えへ(〃゚ω゚〃)いや、虫とか食うとかとんでもない話だと怯える側なんですけどねっ。なのになんでこんなに虫食う話に魅かれるんだろ?と自己分析するに…あ、ホラー、オカルトと同類項だと思ってる気がする、私。怖いよ!でも好奇心はくすぐられるのさ!っていう…バカです( ,,´・ω・)実用を目的に真剣に作ってるであろう著者の方々には申し訳ないと思いつつ(ほんとにすみません)…すっごく面白かったです
何冊か昆虫食の本は見たことありますが、この本は今までの本とは全く違う画期的な本です。何が画期的って、虫の種類ごとに調理法と味が詳細に、
とっても具体的に説明されているのです
((((((((((((((゚;ω;゚ノノ))!!
それぞれの虫さんの(御存命中の)カラー写真に「クッキングガイド」なる料理法マークが添えられてます。「蒸す揚げる焼く炒める炊く茹でる漬ける」どれがおススメかチェックが入ってます。どうやら虫さんごとに美味しい調理法は違うようです。へ…へぇ~~~(((((((ι゚ω゚;)
味の説明も想像力がかき立てられる、素晴らしく詳しい表現です。
例えばヤママユさん。
「茹でた蛹は豆乳の味」
「オトナのメスはお腹に卵があるとプチプチした歯ごたえが刺激的
クリシギゾウムシさんは、
栗の実に似た甘味
へえぇぇぇ~~~~…。1000へえくらい差し上げたい!!!
どの虫さんもそれぞれ味わい深いようですが、中でもウマ~なのには「イチオシ」スタンプが押されてて実に親切。中でもモンクロシャチホコさんこと、幼名サクラケムシさんは「絶品」で「上品な桜の香り」に驚くそうで…。もはやどこのワインですかと!
虫を食べる本で期待するのって、一番は「で、それどんな味なの(;゚ω゚)?」ってことなんですが、私が読んだ本は大抵「(食)草の味」とか、ひどいと「虫の味」でした。虫の味なのは分かるよ(笑)!この本は全部違うんです。虫さんを食べつくしたホンモノにしか書けない表現です。虫ソムリエ免許皆伝とお呼びしたい…!

この本見ると、日本の虫さんは大概食べられるんだな~って感心します(※火を通してね w)ノミとか虱さんのような小さい方々以外は、ほぼ網羅されてる気が…。詳細は自分でも書いてて怖いので(笑)興味ある方は是非是非読んでみて下さい(;´ω`)いやー、蚊の目玉なんて高級品なんでしょうね、きっと…。

思えばうちのわんこも、夏のアブラゼミは絶品だと申しておりました。お散歩中に、死にかけて道に斃れ行くセミさんを発見しようものなら、瞬時に捕獲。瀕死の最期のはばたきもソースとばかりに、口の中でジジジジと断末魔の叫びを木霊させて食っておりました。夏の恐怖の風物詩でしたが…美味しかったんだ。本当に。見てるこっちは怖いけど。
ちなみに経験値を積んだ今では、死骸のセミさんには見向きもせず、真にフレッシュなセミさんにのみ反応しております…(そして反射神経は落ちているので捕獲率は大幅に下がり、飼い主を恐怖から解放してくれましたw)この本で虫さんは鮮度が命と知り、うちの駄犬のソムリエっぷりにも改めて驚いた次第です。はい。

で、更に実用性を考慮した作りとしてこの本、ハンドブックサイズになってます。携帯できます。色々不透明な日常のもしもの備えに、非常持ち出し袋に入れておくと役に立つかもしれません。地球がゾンビに覆い尽くされても、この本があれば食糧の心配を一切することなく生き残れるはずです(ちなみに私は世界中でたった一人生き残ってサバイバルするより、話の冒頭でさっくりゾンビに齧られて多勢に回りたい派です)。
 
本当は、この本読むのは夏がおススメだと思います。
真夏の夜、色々な気配を背後に感じながら熟読すれば、エアコンは必要ないと断言できます。


すごく…怖い本でした……(;;;:´;ω;`:;;;)ゞ

拍手[2回]

PR
『HHhH ~プラハ、1942年~』
(著/ローラン・ビネ、訳/高橋啓  東京創元社 2013.6.28初版)を読みました。

  

しかし、のっけからタイトルが意味不明。
ていうかそもそも読み方すら謎な本です(笑)
そのための副題…というわけで、プラハで1942年といえば!
ナチもの好きっ子ならピンとくる(そしてナチもの好きしかピンとこないw)ナチ高官の中でも悪名高い、SSのナンバー2で当時のチェコ代理総督「金髪の野獣」ラインハルト・ハイドリヒの暗殺事件がテーマの本です。

Himmlers Hirn hei ßt Heydrich(ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる)」

という意味なんだとか。なるほど~。
…けどドイツ語が分かんないと分かりませんがな(。-ω-)w
作者はフランス人なので、読み方はフランス風でもドイツ風でも、「エイチエイチエイチエイチ」(数合ってる!?)でもいいんだそうです。
ツウ(?)にしか分からない、結構突き放した感じのタイトル…。嫌いじゃないけど(笑)むしろ「ナチ物だからとりあえずヒトラーって入れちゃえ」的な、安直な映画の邦題を考えれば全然好きだけど(≧ω≦o)!

装丁もオシャレです。
この手の本なら鍵十字は必須なイメージですが、そこをあえての回避か、ただ文字だけ。この硬質な感じがドイツっぽい。なんかバウハウスっぽい。(…と思ってたらフォントの鬼の友人が「これはフーツラ書体では」と教えてくれました。ラテン語で『未来』という意味だとかで、ナチスの公用書体に選ばれて以降、欧米では禁忌となった書体。…という、なぜか日本限定の都市伝説がある、いわくつきの書体だそうな。海外のブランドロゴにも使われているのでこの話は完全にガセのようですが、その辺の因縁も込めてのこの書体なんでしょうか。ちなみに考案した人はほんとにバウハウスの人でした。…と、ここまで書いておいてなんですが…小文字はちょっと違う気がする…(((((((ι゚ω゚;)大雑把な人間なのでフォントの細かい違いが分かりませぬ…違ってたらごめんなさい。あわわ)こーゆーの好きだな~。ナチ色三色の赤は帯にぎゅっと任せちゃってるのもいい感じです。

で、本の中身。

主役はハイドリヒとその暗殺者二人、そしてチェコに在住してハイドリヒ暗殺事件に興味を抱いた著者、フランス人のビネさんです。
この著者が暗殺事件を主題とした小説を描こうとする、その推敲の過程までが物語の要素という…Σ( ゚ω゚) !こーゆー構成の小説って私は初めて読みました。
そしてその苦悩の推敲っぷりがまた面白い!「得た知識を披露したい病(でもそれがうっとうしいのも知ってるもん病)」とか。わかる~(笑)

蛇足ですが。
話の冒頭で資料としてビネさんが見たと挙げていた映画の8割くらいは私も見ていて、思わず笑ってしまった…どんだけ好きなんだ自分…。(特に『謀議』という、ヴァンゼー会議の1日を描いたテレビ映画。面白い…というよりはヴァンゼー会議を知りたい人への参考書っぽい、地味な作品でしたが、これに出てくるハイドリヒが…金髪イケメンなのはいいけど背が高くない…(・´ω`・)ハイドリヒは背が高くなきゃあかーんっ!と、ひたすらその1点が印象的な作品でしたwコラ)

偏執的なまでに「フィクション嘘っ子は絶対入れたくないんだ!」という姿勢は頭が下がる…というより、もはやそこまで徹底せんでもいいんじゃ…と言いたくなるようなレベルです。暗殺事件当日のハイドリヒの車が緑色だったかもなんて、考えたこともなかったです(この辺の真相は分からずじまいでしたが)。
作者がフランス人なせいか、パリの冬季自転車競技場にユダヤ人が押し込められた件に結構ページが割かれていたのも興味深かったです。この事件は映画『黄色い星の子供たち』で詳しく描かれていますが(競技場に13000人のユダヤ人が収容される画が圧巻!)この一件にハイドリヒが深く関わっていたとは初めて知りました。フランス人にとってはハイドリヒが暗殺されて本当に良かったんでしょうね…。
 
悪の華…じゃないけど、ハイドリヒはドラマの題材としてすごくおもしろい人物だと個人的に思ってるので(やらかした罪の大きさを考えれば不謹慎かもですが、昼ドラに出てくる悪役みたいなんだもん)この本の読み応えは半端無かったです(〃゚ω゚〃)。

村一つ消された話は知っていたものの、暗殺実行犯がここまで逃走、銃撃戦を繰り広げていたというのも驚きでした。そしてイギリスが渡していた装備のお粗末さにもびっくり。事実は小説より奇なり、って事でしょうか。

…けど、ハイドリヒのエピソードで私が一番強く覚えている「ヴァンゼー会議が終了した夜、ハイドリヒがテーブルの上でダンスした」話が…無いΣ( ゚ω゚)
何の本で読んだか覚えてないけど、これ、かなり象徴的なエピソードだと思うんだけど…。もしかしてガセですか!?この著者なら割愛はしないと思うんだけど、都市伝説だったんだろうか…(ノω;`)

で、実は何よりもずーーーっと秘かに抱いてきた疑問をビネさんが解決してくれたのがすごく嬉しかったです。
そう。ハイドリヒはイケメンじゃない件w!
大抵どの本も「ハイドリヒは長身金髪の美男子だった」と説明してて、写真を見ながら私はずっともにょもにょしていたわけです。「…そうか。きっとヨーロッパ基準ではこーゆーのをイケメンだと思うんだ…そうなんだ…。」と。でもビネさんははっきり「馬面」と言いきってます!
ありがとう、ビネさん!お陰で自分の美意識がすっきりしましたw!!
フランス人が言うんだから間違いあるまい!
ついでにビネさんはヒムラーも「ハムスター」と言いきってます(゚ω゚)うわぁ…分かるぅ~wwそう、何かを思い出させるような気はしてたんだけど、ハムスターでしたか(しかしハムスターに失礼なような…)

とはいえ、基本姿勢はいたってごく真面目な本です(当たり前…)
原文がいいのか訳文がいいのか分かりませんが読みやすくもありますので、この時代に興味のある方は是非♪おススメです。

拍手[1回]

『カラスの教科書』(松原 始 /著 雷鳥社 2013.1.20初版)を読みました。



 

新聞書評で気になって読んでみたんですが、面白い!です。

一見、分厚いんですが(きっと紙のせい。見た目の割に軽いし)さくさくっと読めちゃいました。

著者曰く、この本は「カラスの『教科書』であり、『教化書』であり、『狂歌書』」なんだそうで。カラス愛溢れる筆者が、世間で嫌がられるこの黒い飛行生物との上手なご近所付き合いのノウハウを、ユルく分かりやすく教えてくれます。
作者さんてば、愛が高じてほとんどカラスストーカーです(動物学者は大体ストーカーなんだろうけど(^_^;))都会のカラスは菓子パンが兵糧の自分よりいいもの食べてて「くうぅ~ヽ(`ω´ ヽ)」とか。文章が実にユルい(笑)
内容は実践的(?)なのにこのユルさは大変ありがたいです。
そして何よりユルいのが折々に挟まれてる挿絵!脱力系でかわいいな~。奥付を見ればどうやら編集さんらしいΣ( ゚ω゚)まじで!? 本職の編集さんの片手間仕事とは思えないクオリティですよ、これ。大人の絵本テイストが実に良い感じです。


で、なんでカラスの本かといえば。


うちのわんこ(本籍地・庭)は貰ったごはんをすぐに食べないんですが(飽食?ホトケサマにお供え?熟成?あれはなんなんだ (`・ω・´))そのごはんを狙ってくるんですよ、ヤツが。
うちのわんこは30kg超。…のくせにカラスにびびってるわけですよ。
まあねー。敵は羽あるけどさー。
けどくやしいじゃないですか。せめて一矢報いたい…とおべんきょしてみたとゆーわけで。

なるほど。
テキもかなりなビビリなのか~Σ( ゚ω゚)
子育て中とかじゃなければ、つつかれたり齧られたりすることはないと!
ふ…ふふ…カラス恐るに足らず!

さっそくうちのわんこに教えねば!


 

拍手[1回]




アニー・ジェイコブセン著(田口俊樹訳)『エリア51~世界でもっとも有名な秘密基地の真実~』(太田出版)を読みました。


「ロズウェル事件」と言えば、宇宙人&UMAオカルト好きなら必ず知ってる基礎単語w(´ω`)。

1947年、アメリカのニューメキシコ州ロズウェル近郊で「何か」が墜落し、極秘裏に回収された。その「何か」は地球上に存在しない金属片、そして「小さな人のようなもの」であり、米軍はそれ以来宇宙人から軍事上のあらゆる英知を得た…、という噂。そして回収された「何か」は米軍基地『エリア51』に納められた……。

「それ」が宇宙人か否かは別として、墜落騒ぎは事実(観測気球だった、などの当時の記録や証言は存在している)。ではその時、本当は一体何があったのか?軍事基地の中でもとりわけ極秘のエリア51とは何をしているところなのか?というのが一大テーマの、本書はごく真面目でシリアスなノンフィクションドキュメンタリーです。
矢追系の展開を期待すると大いに肩透かしを食らうかも(^_^;)ですが、UFOネタ以上に刺激的で、そしておぞましい事実を暴く本です。

鍵は時代が1947年であったということ。
第二次世界大戦終結の二年後、米ソ間の対立が鮮明化していく頃です。戦争が終わってドイツにいた米ソはまず何に取り組んだか?それはナチスドイツの頭脳を得ること。戦犯間違いなしのナチ科学者を罪に問うことなく、戦利品よろしく我先にとマンハントする様はえげつないとしかいいようがありません。ゲットした頭脳は後に米ソの宇宙ロケット開発競争(両国ともナチの軍事ロケット技術が基にある)につながるわけですが、本書の話題はその前の段階、偵察のための高高度における航空技術開発と核開発競争がメインです。
エリア51では大統領すら知らないという(知る資格、という概念が何度も出るのが印象的)極秘体制で飛行機開発と核実験が行われます。何しろ広大なアメリカの話。遠くから覗くのも不可能な、だだっ広い軍事基地のほんの一角がエリア51だという説明からして驚かされます。
飛行機開発(敵国の撃墜可能高度を上回れる、そして長距離を飛行できること)ではソ連との抜きつ抜かれつの開発競争、優秀なパイロットの武勇伝と凄惨な事故は、それだけで手に汗握る冒険譚です。
核実験と核搭載機の墜落事故のくだりは「アメリカって……( (゚ω゚ )いやソ連も似たようなものだったろうけれど…)」と感想の言葉を探すのが難しいほどです。自国の優秀で貴重なパイロットを核の雲の中を飛ばさせるとか、意味が全く分かんないし!実際、「モルモットだよな…」と自覚しつつも任務に従うパイロットの描写は切なくて何とも言えません。
また、アラスカやスペインでの核搭載機墜落事故は当事国に無断で領空を飛んだ挙句の事故で、しかもその事実はつい最近明かされたというのだから、もう絶句するしかありません。ひとの国で何やってんだよー!

この本を読むと、「福島原発?ぜんぜん微量♪安全じゃ~ん (_ω_)とか、オスプレイ?あんなの落ちた数に入らないっしょ♪だいじょぶだいじょぶ~ (゚ω゚*)」とか不謹慎にも思ってしまいます…。ああ、どっちもアメリカ絡んでるか……。『冷戦下だから』出来たことだったのか、あるいは今現在でも同じような事が行われているのか、考えるとぞっとするばかりです。
で、本来の謎のロズウェル事件。
著者と親しくなった関係者が最後に重い口を開き、ひとつの『正解』が示されます。まあ、ここがこの本の肝だと思うのでネタバレはよしておきますが、…そんな事実はあんまりでは!?と言わずにはいられません! ああ、やっぱりネタバレしそうなので小さく…
もしそうならあまりに馬鹿バカし過ぎるし、スターリンもなに考えてるんだと。馬鹿馬鹿しい割にやってることは酷過ぎる。非道です。そして私がスターリンなら計画上、キリル文字なんて書かないし、メンゲレを解放もしなかったと思うんだけどな…。メンゲレがそれほど「優秀」ならそんなに簡単に手放さないでしょー?  
色々考えるとこの『正解』にも穴が多々あると思うわけですが、この『正解』もまた、ただの陽動ダミーなのか、それともダミーの中にもヒントがあるのか…。謎はまた深まって終わる感じです。

「ロズウェルの真相」も推理譚として興味深いですが、冷戦時代の真相追究がとにかく秀逸です。今現在の日本と絡めて考えてしまう話も多いので、UFOネタに興味が無くても一読の価値は大ありかと。おススメです。

ああ、でももっとロズウェル事件には夢があって欲しいよな~ (ノω・`)
こういう「ほんと」を見せつけられると、宇宙人ネタってなんて夢があるんだろうって思ってしまいした…。そしてナチ絡みと思わずに手に取ってしまったこのタイミング(笑)これって無意識の集中力ってやつ?

拍手[1回]

  
プロフィール
HN:
広枝出海
性別:
非公開
趣味:
現在絶賛HURTSにはまり中( *´ω`)
こんな漫画描いてます
ブクログにショートショート漫画置いてます(古いけど(^_^;))いちおー、耽美ホラー(…のつもり)良かったら御笑覧下さいませ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
いままで一覧
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[03/22 Smithc500]
[02/26 Smithg889]
[05/27 同行者S]
[08/26 もぐら]
[08/23 さくにょん]
アクセス解析
アナリティクス
Copyright ©  -- かわうそと祭れば --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]